ビットコインの入手方法と換金方法

これだけ、価格変動の激しい投資対象として、注目を集める「ビットコイン」。
日々、ビットコインをはじめとした仮想通貨にまつわる事件や案件が、ネットニュースで飛び交い、新聞の紙面を賑わせている中、関心を抱く方は少なからずいらっしゃるでしょう。
では実際に自分で保有してみたい、と思われる方はどのくらいいるでしょうか?
ビットコイン等、仮想通貨のネームバリューが上がる一方で、具体的な入手方法や換金手段について言及しているサイトや書籍はあまり見かけないように思われます。

この稿では、理屈はともかく、とにかくビットコインを入手し、日本円に換金したい、という方へ向け、その方法について見ていきます。

① ビットコインを入手するには

現状、日本において、ビットコインを手に入れる方法は以下の4通りの方法があります。

A. ビットコイン販売サイトで購入する。

現在、日本では販売サイトには下記の2種類あります。

A-1仮想通貨交換所

ビットコインと、円やドルなどの法定通貨との、「売り」と「買い」の場を提供する事業者を指します。
証券取引所をイメージされると、理解し易いかもしれません。
ビットコインの価格は、売り手と買い手の提示価格や取引量により、随時変化していきます。その時々で、ビットコインを相場に対して安く購入出来たり、その逆に相場より高く買う羽目になったりする場合があります。利用する際は、予め、本人確認を行ったうえで口座を開設。ビットコインの購入資金となる現金を、銀行経由で仮想通貨取引所に送ります。ユーザーは、ビットコインの相場を見ながら、コインを購入、あるいは売りに出して差益を得ることになります。現在の日本では、下記のような取引所があり、それぞれに特徴を備えています。因みにここでご紹介する取引所はすべて、口座開設手数料並びに口座維持手数料は無料です。

・ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨:ビットコイン・イーサリアム
取扱法定通貨:日本円
特徴:ビットコイン取扱高日本一

・フィスコ
取扱仮想通貨:ビットコイン・モナコイン
取扱法定通貨:日本円
特徴:株式会社フィスコが東証JASDAQ上場

・ビットバンクトレード(bitbank Trade)
取扱仮想通貨:ビットコイン
取扱法定通貨:米ドル
特徴:米ドル建てで取り引き

・コインチェック(coincheck)
取扱仮想通貨:ビットコイン・イーサリアムなど12仮想通貨
取扱法定通貨:日本円
特徴:電気代や寄付金を支払うサービスもあり

・ビットポイント(BITPoint)
取扱仮想通貨:ビットコイン・イーサリアム
取扱法定通貨:日本円・米ドル・ユーロ
特徴:親会社のリミックスポイントが東証マザーズ上場

・ビーティーシーボックス(BTCBOX)
取扱仮想通貨:ビットコイン
取扱法定通貨:日本円
特徴:日本版と国際版の2つの取引所あり

・コイン(Quoine)
取扱仮想通貨:ビットコイン・イーサリアム
取扱法定通貨:日本円・米ドル・ユーロ・人民元など10か国の通貨に対応
特徴:法定通貨の取り扱いが多い

・ザイフ(Zaif)
取扱仮想通貨:ビットコイン・ネム・モナコイン
取扱法定通貨:日本円
特徴:マイナス手数料のため、取り引きのたびに日本円が受け取れる

・レムリア(Lemuria)
取扱仮想通貨:ビットコイン
取扱法定通貨:日本円
特徴:最低取引単位が大きいため、初心者には使いづらい

仮想通貨取引所を利用する人々は、どちらかと言うとヘヴィーユーザーに属する人達が多いため、初心者で手軽にビットコインを入手したい方には、余り向いていないかも知れません。

 A-2仮想通貨販売所

取引所のように、ユーザー同士が売り買いを行うのでなく、販売所自体が仮想通貨を持ち、ユーザーの相手方となって、仮想通貨を顧客に販売する事業者です。昨今ではビットコイン健全化が重視され、本人確認を優先させるところもありますが、取引所よりは手軽にビットコインを入手する事が出来ます。現金による銀行送金や、クレジットカード決済により購入することが可能です。ビットコイン購入後は販売所が、顧客が指定したビットコインアドレスに送付してくれます。販売所は、仮想通貨取引所からビットコインを仕入れ、手数料を乗せて販売しているため、割高にはなりますが、入手する際の手軽さから、ユーザーには魅了になっているようです。

B. 所有している人から直接、もらう

ビットコインは、個人間で容易に取引することが可能なため、既に所有している人からもらう、というのも入手する方法の一つではあります。ミートアップと呼ばれる、ビットコインに興味を持つ人たちが集まる会合に参加して、申し出ると譲ってもらえる事も多々あります。ビットコインの価格は、その時の時価が参考になりますが、相手にもよりますので、そこは交渉次第ということになります。代表的なミートアプとしては、「東京ビットコイン会議」などがあります。
受け渡し方法は、お互いの同意のもと、予めスマートフォンにインストールしたビットコインウォレットアドレスを提示。ウォレットのQRコードを読み取り、ビットコインを送信してもらえば完了です。

C. ビットコインATMで購入

クレジットカードを介さず、あくまで現金での購入にこだわりたい方は、ATMでの入手をお勧めします。とは言うものの、未だに全国で15台程度しか普及していません。今後、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの効果で、増加傾向にあるインバウンド(海外からの旅行客)への対応を見据え、ATM機設置台数が増えることを望むばかりです。

D. サービスの対価としてビットコインをもらう

ビットコインは購入するだけではなく、サービスの代償として受け取る場合もあります。これから増えてくるケースですが、銀行を通しての海外送金などが関係してくると、手数料はばかにはならず、仮想通貨を利用した報酬の支払いが活発になるでしょう。

② ビットコインの換金方法

電子マネーの様に、全国どこのコンビニエンスストアやキヨスクでも利用出来るようになれば、あえて日本円などに換金する必要はないのです。しかし、現状、決済機能については未だに黎明期にあるビットコインでは、換金しないと利用範囲は非常に狭まってしまいます。基本的には、入手した時と同じ方法で換金する事になります。

A. 仮想通貨取引所で換金

ビットコインを入手した仮想通貨取引所で、換金する事が出来ます。ここで注意が必要なのは、レートを睨みながら、購入時の価格より下回らない値段で売却する事です。

B. 欲しい人に直接、売る

先ほど触れた、ビットコインに興味を持つ人たちが集まるミートアップでは、簡単にビットコインを買いたい人を見つけることが可能です。お互いのスマートフォンでの送受信によってビットコインの受け渡しを済ませ、現金の受け渡しは直接、やり取りします。対面取引なので、間違いは比較的少ないと言えるでしょう。

C. ATM機で換金する

機種にもよりますが、ビットコイン売却にも対応したATMも設置され始めました。世界初のビットコインATMの「ロボコイン」は、ビットコインの購入はもちろん、所持しているビットコインの換金が可能です。一般的なATM機よりは、自動販売機的な手軽さが特徴といえるでしょう。予め、自身の口座を開設しておけば、紙幣を機械に投入するだけでビットコインを購入できますし、反対にビットコインを売却することで、紙幣に換金する事が可能です。マネーロンダリング防止機能を備え、更にセキュリティ面でも、手のひらの静脈認証機能や顔写真認証、運転免許証のスキャニングにより、初心者でも安心して利用出来る仕組みになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA