保険業界が注目する仮想通貨『オーガー(Augur)』とは?

「オーガー(Aurgur)」とは?

「オーガー」とは、イーサリアムのスマートコントラクトと呼ばれるプロジェクトの1種で、未来予測市場のプラットフォームの一つです。通貨は、「REP(リップ)」
オーガーは未来予測市場のための、分散型プロトコルを指します。オープンソースにおける未来予測市場のプラットフォームにユーザーが参加し、これから起きる出来事、例えばプロ野球やサッカーの試合結果を予測します。予測が結果と一致すれば、報酬が仮想通貨で支払われる仕組みです。これは、「群衆の知恵」と呼ばれるシステムとブロックチェーンにより構成されています。群衆の知恵とは、大勢の人々自らが持つ知識に、お互いが影響されることなく、それぞれが自身のデータを生成し、各々のデータを匿名で集計する事で、「知恵」という恩恵が受けられる、という考え方です。

オーガ とは「次のオリンピックの開催国は?」というお題に対して予想を立て、予想を的中させた人には、通貨であるREPが報酬として与えられ、予想を外した人はREPを失う事になります。
この予想の結果が正しいかどうかの判定は、前述の「群衆の知恵」という、分散型のシステムとブロックチェーンが行います。賭けの仕組みに酷似していますが、従来の賭博と決定的に違うのは、胴元が存在しない点です。「レポーター」と呼ばれる多数の存在し、賭けの判定が、分散的に行われる訳です。
ユーザーが正しい判定をした場合、つまりレポーターが多数指示した方を選択すれば、REPを獲得でき、反対の場合はREPを失う事になります。

オーガーの特徴としては、従来のブックメーカーや先物市場のように、胴元が存在しないため、公平な取り引きが可能になりました。これまで、胴元が行っていた、ギャンブルのテーマ決めから、オッズの設定、掛け金の徴収、報酬の支払いまでの一連の流れを、ブロックチェーン上で分散型にて、自動で行える点にあります。

オーガーでは、REPを支払えば誰でも、賭け事を作り、公開する事が出来ます。つまり、誰もが賭けの胴元(ブックメーカー)になれる、と言う訳です。
誰でも賭け事を作り、その賭けには誰でも参加出来る事。そしてその賭けの結果に対しては分散的に判断が為され、賭けの勝者には自動的に配当が為される事。
イーサリアムのスマートコントラクトを活用して、これらの分散型ブックメーカーの役割を果たしたのが、オーガーです。
賭けには、オーガーが設定したアドレスに、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金すれば参加出来ます。預けた掛け金は、コントラクトで守られ、無関係の者が勝手に引き出したりする事は出来ません。

オーガーに注目する保険業界

オーガ 保険業界今、オーガーに対して熱い視線を送っているのが、保険業界です。
オーガーが保険業界のビジネスモデルを覆す程の、可能性を秘めているというものです。この話には根拠があり、それは、賭け事と保険には、予測市場を相手に掛け金や資金を運営するという点で似通っている事です。類似している分野であれば、オーガーの仕組みを移行させることが可能な事は、容易に想像出来ます。
どのように似ているか、具体例を追いながら見ていきましょう。
現在の保険業界ですが、まず一定の期間で保険料を払い続ける事で、保険へ参加させることから始まります。一定期間内に契約者がけがや病気に見舞われなければ保険料は、契約者には戻りません。反対に、契約者が期間内に病気に罹れば、医者が診断し、結果の判断を下します。その結果を保険会社が正しいと判断すれば、契約者には保険金が支払われる、という流れです。
この流れを、オーガーの賭け事に置き換えてみると、こんな具合です。
ユーザー自身が近々、事故に遭うと予想し、掛け金を払い、賭けに参加します。賭けに期間中に無事故であれば、掛け金は没収されます。反対に事故に遭遇した場合は医者に診断してもらい、結果の判断を委ねます。医者をレポーターに例えると、結果が正しいと判断されれば、配当金が支払われる仕組みです。
オーガーのシステムが、保険業界に適用されれば、保険事業に関わる作業の多くが自動化され、保険商品を扱う上でのコスト削減に繋がるものと期待は膨らんでいます。

オーガーにおける通貨「REP」の値動き

では次に、オーガーで使用する通貨、「REP」の値動きを見てみましょう。
2017年1月1日には、1REP=460円でスタートし、小幅ながら価格は上昇を続け、5月22日には、1REP=1,035円と千円台に突入。その後、6月11日には一気に、1REP=3,760円を付け、年初の460円から実に半年で、8倍の高値に達しています。以降は下がり基調になり、2千円前後を推移し、8月1日現在は、1REP=1,847円に落ち着いています。

オーガーの今後

オーガ 意味 占い未来予測市場のための分散型プロトコルとして、オープンソースプラットフォームを形成するオーガー。現在は主に、賭け事においてレーゾンデートルを見出していますが、今後は大手保険業界や、金融業界との提携をも予感させるほどのポテンシャルの高さ。実現すれば、REPの価値上昇は計り知れないものになるでしょう。
それは確かか、って?
それはお答え出来ません。
占い師にでも、お尋ねください。
何しろ、「オーガー(Aurgur)」とは英語で、「占い」を意味する語ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA