コインチェック(coincheck)でライトコイン(LITEcoin)を購入 【仮想通貨購入体験記】 

今回ご紹介するのは、「LITEcoin 購入体験記」です。
この稿では、実際にライトコインを購入して、今後の動きを見守りたいと考えます。

ライトコインとは?

ライトコイン
LITEcoin(以下、ライトコイン)は、ビットコインから派生したアルトコインの1種です。派生した目的は、「ビットコインの欠点を補う事」。

ビットコインとは違い、ライトコインにはれっきとした開発者が存在します。
元Googleのエンジニアである、チャーリー・リー氏が2011年10月、ライトコインをリリースしました。ライトコインの基本的な仕組みは、ビットコインとほぼ同一ですが、相違点を端的に述べると、埋蔵量がビットコインより多く、マイニングやトランザクションにかかる労力や、コストが軽減されるように設計されており、ビットコインより取り引きのし易さや流動性において、優位性を保っています。
チャーリー・リー氏は、ライトコインについて、以下のように述べています。
ビットコインを『金』とするなら、ライトコインは『銀』のような設計を施している」。
ビットコインの代替的な役割を担うライトコインは、埋蔵量においてビットコインを上回りますが、その分、価値においてはビットコインに比べて及ばない事になります。ただ、その代りに流動性においては、ビットコインを凌ぐため、身の回りで必要な、小さな取り引きには手軽に利用される可能性を秘めています。

ライトコインの特徴は?

ライトコイン ビットコイン 違い
ではここからは、ビットコインと比較しながら、ライトコインの特徴について見ていきましょう。

⦁ ブッロクチェーン生成スピードの違い
ビットコインは10分につき1回、ブロックを生成します。これに対し、ライトコインは、2.5分に1回、ブッロクを生成する事が可能です。つまり、ライトコインは、ビットコインの4倍の速さでブッロクを生成する事が出来るため、決済能力において優れており、トランザクションについてもより多くの取り引きを処理します。

⦁ 埋蔵量の違い
ビットコインの通貨の埋蔵量は、予め2,100万枚と定められています。これに対し、ライトコインの埋蔵量は4倍の8,400万。これは、ライトコインが、インフレ率をビットコインに合わせるように、当初から設計されているためです。

⦁ 発掘難易度の相違
ライトコインの新規発行には、ビットコインと同様、採掘(マイニング)作業が必要になります。コインの採掘には、大量の情報処理が出来る大型コンピュータと、それを操作するだけの膨大な電力を賄わなければならず、中国に拠点を置く、一部の企業が独占的に行っているのが現状です。一方、ライトコインは採掘作業において、一般的なCPUでも行えるぐらいの難易度に留めており、より多くの採掘者の参入を促しています。これにより、ビットコインを凌ぐ流動性を維持しているのです。

ライトコインの値動き

ライトコイン 値動き
2011年のローンチ以来、6年を経過し、7年目に突入しようというライトコイン。その間の値動きを、ざっと見ておきましょう。

⦁ 2015年8月25日、ライトコインは半減期を迎え、市場価格は上昇志向に期待が高まりました。半減期とは、1ブロックを採掘するごとに、報酬として発行される通貨の量を半減させていくことを言います。他のアルトコインでも、通貨価値の低下を防ぐため、事前に半減期を設けて、漸減的に通貨量を減らしている通貨は多くあります。5月15日には1LTC=173円であった価格が、6月6日には1LTC=663円と跳ね上がりました。これは近々に半減期を迎えるライトコインにおいて、価格上昇を見越して、投資家による買い込み現象とみる事ができます。

⦁ 2016年6月14日、イギリスは国民投票の結果、EUからの離脱を決定。その事実に市場はいち早く反応し、イギリス通貨のポンドは大きく売られました。その分、ポンドから流出した資金はライトコインに注がれます。それまで、400円台を推移してきたライトコインの価格は、6月16日には593円をつけました。

⦁ 2017年に入ると、ビットコインにおけるスケーラビリティ問題が取沙汰され始めます。発行量の上限が予め、2,100万枚と定められているビットコインは、既に1,650万枚が既に発行済みです。今年に入り、急激に取引量が増加し、ビットコインの処理能力に衰えが生じるという、市場の懸念が起こりました。ビットコインのブロックチェーンの容量が小さいため、トランザクションが減少し、ビットコインの送金遅れや停止という現象を招く恐れもありました。このスケーラビリティ問題を解決する方法としては、「segwit(セグウィット)」という技術が挙げられます。一口に言うと、1取り引きで必要な情報量を圧縮し、余白を作り出そうという考え方です。このセグウィットは、ビットコインのコア開発者の間で提唱されましたが、中国の大手マイナー組織が反対し、未だに実行には至っていません。この稿の最初で触れたように、ライトコインはビットコインのウィークポイントを補う事を目的として作られました。ビットコインにおける最大の懸念材料であったスケーラビリティ問題において、セグウィットは解決策として浮上しては沈むという事を繰り替えしていたのです。ライトコインの開発者は、ビットコインを追い越す形でセグウィットの実行を表明しました。それは採掘者(マイナー)にも受け入れられ、2017年5月11日、実行に移されました。今年に入り、1LTC=526円でスタートしたライトコインの値動きは、3月下旬までは400円台を推移。3月26日の446円を足掛かりに一気に上昇に転じます。そして、先程のセグウィット実行を受けて、5月14日の1LTC=3,245円の急騰を皮切りに、価格は乱高下を繰り返しながら、一時、11月28日には1LTC=10,878円をつけました。

ライトコイン
CoinGecko:https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3/jpy

コインチェックで実際にライトコインを購入してみる

実際に、ライトコインを購入していきます。

⦁ まず、コインチェックにメールアドレス、パスワードを入力し、二段階認証を経てアクセス。ウォレットで現在の資産状況を把握しておきましょう。まずは、円の確認です。サイトの右肩を見ると、「20155JPY」とあります。さらにその下を見ると、「0.011942BTC」となっていますね。これは、以前の取引で、「日本円約10,000円で、ビットコインを0.011942BTC購入しています」という意味です。

ライトコイン

⦁ 次に、サイトの上方にある青い帯の左側に、「ウォレット」とあるのでそれをクリックします。すると、下記のようなサイトへリンクします。

ライトコイン

総資産が「80,135円」となっています。その下が資産の内訳になり、JPY 20155」、「BTC(ビットコイン) 0.011942」、「ETH(イーサリアム) 0.26」、
「LISK(リスク) 10.4」、「XRP(リップル)365」、「BCH(ビットコインキャッシュ) 0.071」とあります。
この段階では、法定通貨は日本円で20,155円、仮想通貨はビットコインを0.011942BTC、イーサリアムを0.26ETH、リップルを365XRP、ビットコインキャッシュをを0.071BCH、所有している状況です。そして28日には、リスクを10.4LISK購入しましたので、その取り引きが反映されています。

⦁ 前回の取り引き状況もチェックしておきましょう。
ページの下方を見ると、「最新のアクティビティ」とあります。
2017/11/28 12:17 LSKを購入   -9968.4JPY
2017/11/28 12:17 LSKを購入   +10.4LSK
2017/11/22 15:19 BCHを購入   -9987.8JPY
2017/11/22 15:19 BCHを購入  +0.071BCH
2017/11/22 15:03 XRPを購入   -9944.3JPY
2017/11/22 15:03 XRPを購入  +365XRP
2017/11/22 14:41 JPY入金    +50,000JPY
「11月22日に日本円5万円をコインチェックの口座に入金し、リップル365XRPを、日本円にして9,944.3円分、ビットコインキャッシュを0.071BCH、日本円にして9987.8円分購入。翌週の28日には、リスクを10.4LSK、日本円にして9968.4円分購入した」事を意味します。

ライトコイン

⦁ 資産状況のチェックが済んだら、左メニューの「コインを買う」をクリック。下記のページへ移動します。
13種類ある仮想通貨の中から、「Litecoin」を選択し、クリックして緑のアンダーバーが付いた事を確認します。
現状では、数量の項目に「1.9252LTC」と表示されています。これは手持ちの日本円の20155.0円で買えるLitecoinの数量を示しています。こちらから何も設定しないと、自動的に数量が入力されます。
当サイトではビットコインを含めて、1コインには10,000円までと定めていますので、ここで数量を調整。数量の青い枠内にカーソルをあて、マニュアルで数値を変えていきます。合計の項を見ると、青字で「20155.0JPY」とあり、このまま購入すると、20,155円分のlitecoinを買ってしまいますので、この数字を見ながら、Litecoinの数量を調整していきます。

ライトコイン

⦁ 何回か試行錯誤を繰り返した後、Litecoinの数量を「0.956」に設定すると、合計のJPYの数値が「9992.3JPY」となりました。これよりLitecoinの数値を上げると、10,000円を超えてしまうので、0.956LTC≒10,000円とみなし、Litecoinの購入数量を「0.956」に決定しました。
「購入する」の青いアイコンをクリックします。

ライトコイン

⦁ 下記のようなメッセージが、ポップアップ画面に現れます。
「coincheck.comの内容
0.956LTCを9997.7JPYで購入します。よろしいですか?」
数字を確認して、「OK」のアイコンをクリック。

ライトコイン

⦁ Litecoinの購入が完了し、下記の画面に戻りました。
デフォルトはビットコインなので、ビットコインの下に緑のアンダーラインが引かれています。
ここで、Litecoinが正しく買えたかどうか、確認しておきます。
サイトの下の方を見ると、「コインの購入履歴」とあります。
「2017/11/28 12:37 完了 9998JPY → 0.956LSK」

日本円で9,998円相当のLitecoinを、0.956LTC購入したことを示しています。

ライトコイン

⦁ ここで、一番上の青い帯の左にある、「ウォレット」をクリック。下記のサイトへ移ります。
最後に、本日の収支を確認していきましょう。
総資産の項には、「79,718円」となっています。
その下の内訳では「JPY 10157.3」、「BTC 0.011942」、「ETH 0.26」、「LISK 10.4」、「XRP 365」、「LTC 0.956」、「BCH 0.071」、と記載されました。

ライトコイン

⦁ サイトの下方の、最新のアクティビティを見てみましょう。
2017/11/28 12:37 LTCを購入    -9997.7JPY
2017/11/28 12:37 LTCを購入    +0.956LTC
2017/11/28 12:17 LISKを購入    -9968.4JPY
2017/11/28 12:17 LISKを購入   +10.4LISK
2017/11/22 15:19 BCHを購入   -9987.8JPY
2017/11/22 15:19 BCHを購入   +0.071BCH
2017/11/22 15:03 XRPを購入   -9944.3JPY
2017/11/22 15:03 XRPを購入   +365XRP
2017/11/22 14:41 JPYを入金    +50000JPY
ライトコイン

まとめ

ビットコインの補完的な役割を担ってきた、ライトコイン。
ビットコインを太陽とするなら、ライトコインは月」という比喩があてはまるほどに、ビットコインの後塵を拝してきた感がありました。
しかし昨今の、ビットコインに先がけたセグウィットの実行、ジェット気流に乗ったがごとくの価格の高騰ぶり。
そして、開発者のリー氏は、今後のライトコインの課題として、ビットコインに足りない「匿名取引」機能を引き合いに出しています。ビットコインとライトコイン間の取り引きを、よりプライベートに行う、つまりは高い秘匿性を持たせる事に強い意欲を示しています。

ビットコインの運命共同体、とも言えるライトコイン。市場価格も、ビットコインに引っ張られる形で、好調に推移しています。
今後も、ビットコインの「名脇役」として、市場の注目を集める事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA